旅行・地域

2017年4月 3日 (月)

横須賀散歩と軍港めぐり

4月2日

私の尊敬する恩師(恩人)の一人、H氏を訪ねて横須賀に行く。
15.6年ぶりにお会いして、信じられないほどの感動だった。
H氏に出会わなかったら私の人生も変わっていたかも知れないと常々思っていたから・・・。
H氏は、M市にある病院の総婦長(看護部長)で看護師、学生、介護福祉士、介護士の
300人ほどをまとめるトップの人だった。私はまだ経験も浅い無資格の介護助手で
見よう見真似で働いていた。それまでの私は、友人が経営するブティックの現場
(裁断と縫製指導)を担当していたが、バブル期に倒産してから、意を決して職業を
替えて、努力はすれども無資格は大変心細く悩む日が続いていた。
駅から病院までの送迎バスの中で隣り合わせになることが多く、相談もするようになった。
「資格取得に挑戦しなさい」とアドバイスされ、病棟看護師長にも協力するようにと。
私も努力して介護福祉士、ケアマネージャーと資格を取得できた。看護部長も師長も
大変喜んでくれていたが、その後定年退職されたので、それ以来の再会となった。
1
6
H氏の案内で市内散策。
5
どぶ板通り。
3
どぶ板商店街。
2
三笠公園を散策。
4
記念艦「みかさ」を見学。みかさは日露戦争で活躍した代表的な軍艦で、
大正15年よりここに保存されている。
6_3
「みかさ」の由来の説明。
1_2
東郷平八郎像。
4_2
軍港めぐり。
3_2
乗船を待つ観光客。
2_2
案内アナウンサー。
19
操縦士。
20
乗り込む乗客。
174
「174きりしま」ミサイル護衛艦。と「6102あすか」試験艦。
11
「5106しょうなん」海洋観測艦。
「5104わかさ」海洋観測艦。
「5105にちなん」海洋観測艦。
10
「303はちじょう」掃海艦。
「606はつしま」掃海艦。
153
「153ゆうぎり」護衛艦。
「171はたかぜ」ミサイル護衛艦。
「423ときわ」補給艦。
14
住友造船所。
アナウンサーの案内に右に左に移動が忙しくもう少しゆっくり
見たい未練の残る軍港めぐりだった。

2017年3月24日 (金)

水引工芸を体験

3月24日

 正月飾りや冠婚葬祭の金一封の封筒を飾る水引に
いつも見とれていて一度は体験してみたかった。
学習センターでの講座に参加し、水引工芸の初体験をする。
1
講師は、日本水引工芸創作スタジオの田中麗水先生。
Img_1290
Img_1292
教室は10人ほど。
Img_1288
基本のあわじ結びで壁掛けに挑戦している。
Img_1293
うまくできなかったけれどもやはり楽しい体験ができた。

2017年3月23日 (木)

福祉園のバザー

3月22日

 ボランティアで参加している福祉園のバザーが
今日から3日間開かれる。作品つくりに少し手伝っているため
行ってみた。綾瀬駅の近くの福祉会館で開催されている。
初めての開催とのことで少し寂しいかな。
福祉園の利用者は展示品を見ながら笑顔が多かった。
Img_1276
保育園と共同開催で行われている。
Img_1285
展示品の販売も行われている。
Img_1278
紙類は牛乳パックを溶かして紙すき機で作り
用途に向けて仕上げていく。
Img_1280
小物入れやバックなどは、糸や毛糸を織物機で布に仕上げて
形に作られている。
Img_1279
展示品の数々。
Img_1281
紙粘土作品(牛乳パックから)
Img_1282
Img_1283
Img_1284
1
この福祉園は、障害者(知的、視力)の通所作業所と
なっている。私は織物作業を横に見ながら小物作品の
仕上げに協力している。陳列品に見覚えのあるものを
見ると、ほほえましくなる。記念にあれこれと購入した。

2017年2月20日 (月)

牛天神紅梅まつり

2月19日

牛天神で紅梅まつりが行われていた。
牛天神北野神社は春日通りから少し入ったところに、1184年
源頼朝の夢のお告げに、牛に乗った菅原道真が現れ、その
ご神託により牛を守護神として頼朝によって創建された。
2
北野神社鳥居
1
牛天神こと、北野神社は菅原道真公が祀られている
5
ねがい牛 撫でると願いが叶うと言われている
NHk土曜ドラマ忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣の
ヒロイン「きよ」がこのねがい牛をさすりひたすら
願をかける様子があった
12
左右の牛
かって牛天神下には堀部安兵衛が通った「堀内道場」があった
きよの思い人 磯貝十郎左衛門もその道場で剣術を磨いていた
13
頼朝がこの石に腰を下ろして夢を見たとあった
4
女性の宮司の挨拶と二人の子息を紹介
3
神社の庭には紅梅が多かった
6
野点が行われてお茶とお菓子がふるまわれた
7
勇壮な奉納太鼓が行われて
湯島天神白梅太鼓のみなさん
8
若い女性とは思えないほど迫力のある力強い太鼓
9
男性一人だったが凄い迫力
10
終わって挨拶するメンバー、男性一人女性四人
11
御朱印をいただく列が長々と続いている
甘酒を頂きながら隣の夫人が、毎月お詣りしている
けど、こんなに多くの人の列は初めてと言っていた
私は御朱印は頂かずに帰った。

2016年12月20日 (火)

平戸・生月島・佐世保を歩く

12月16日

平戸島の歴史を辿り市街地を歩くと、小さな標識が
随所に立っている。オランダ・イギリス・中国と交易が
行われていた。江戸時代に長崎の出島に移転するまで
続いていた。
1
平戸ザビエル記念教会昭和6年に建設された。
2
フランシスコ・ザビエル像鹿児島に上陸した翌年
平戸で伝道。
3
手前が黒子島右がまだら島。
5
オランダ商館跡に復元されたもの。
4
平戸城昭和35年復元された。
12月17日生月島(いきつきじま)を観光。
生月島は隠れキリシタンが多く江戸時代になって
多くの殉教者を出した。
4_2
小さく見える島が、キリスト教の聖地となっている
中江の島ここで多くの信者が処刑された。
2_2
生月大橋手前にある碑は御製。
1_2
くじらの通り道であった生月島では捕鯨が盛んに
行われていた。
3_2
塩俵の断崖。
1_3
佐世保で途中下車し、海上自衛隊の基地を見学。
2_3
駅前の港五番街。
3_3
案内標識に沿って駅から20分ぐらい。
4_3
護衛艦くらまを見学。
6
広い甲板を撮る。
5_2
中に入ると二人の総理(野田・安倍)の写真が掛けていた。
自衛官とも話したり、記念写真を撮ったりと
楽しいひと時を過ごし、帰路に就く。

2016年12月18日 (日)

長崎旅行(ハウステンボス編)

12月15日

長崎は今回で4度目の旅行になった。4回とも
自分で払っていないことに気がついた。
1回目:中学生の頃の修学旅行で親持ち。
2回目:職員慰安旅行で積立金。
3回目:次男が誕生日記念とか言って払ってくれる。
4回目:カードのマイル交換で航空券を入手した。
3回目の時の息子のプレゼントは今考えると外国に行く
ということを考えていたのかナと思う。なぜならいつもは
ケーキぐらいしかなかったのに。
今回は今のハウステンボスと平戸島を歩くことにした。
空港より高速船でハウステンボスまで行く。
1
ハウステンボスまで50分。
Photo
ハーバーのそばの宿泊するウオーターマークホテル長崎
に荷物を預ける。
2
ドムトールン展望台一番高く約100mほど。
Photo_2
展望台よりの眺望。
11
ハウステンボス歌劇が上演されているミューズホールには
女性で超満員だった。
Photo_3
夜になると一斉にイルミネーションが輝き別世界になった。
ドムトールン塔から滝が流れるし、中を竜が駆け上がっていく。
9
アーケードには無数の傘と照明が揺れてきれいな音楽が
流れている(光のアンブレラストリート)。
6
アムステルダムホテルの前に設置された舞台では
仮面舞踏会。老いも若きも一緒にダンスし、
見ている人がないほど夢中になっている。
13
街並みをイルミネーションでライトアップ
14
宮殿の庭。
15
歩くと映像が変わる。リンクファンタジア
16
12
レインボーフラワーロード。
18
運河の水中にも、イルミネーションが橋も岸もすべて
輝いている。
写真を撮る側としては雨の中をあっちこっちと走り回り
大変疲れ、光に酔いしれる夜だった。

2016年12月 6日 (火)

イルミネーション

12月になると、イルミネーションの輝きが増し、

照明技術も進歩したおかげであちこちのイルミネーション

が気になり、夜に出かけることが多くなっている。

通常は規則正しい生活を送っている。7時までに

夕食を済ませ、あとはテレビのニュースとかドラマ、

読書などで過ごしているのが夕方になるとそわそわしてくる。

比較的近くのイルミネーションを見たら素晴らしかった。

では次は?と気がはやるこの頃を過ごしている。

Photo
足立区元渕江公園 光の祭典
2
四季を表現したデザインという。
1
よみうりランド・ジュエルミネーション
東京では1位の人気という。
Photo_2
何と言っても噴水ショーは圧巻だった。
まだ行きたいところも候補にあるものの寒いと
風邪が心配で、夜の外出もほどほどにしたい。

2016年12月 2日 (金)

豊洲散歩

12月2日

毎日のようにニュースに上がる江東区豊洲を散策した。
私は江東区で12年間介護保険に関わる仕事(ケアマネージャー)を
していた。新米の頃の私は事務所(北砂)から最も遠い豊洲、東雲、
辰巳方面を任されて、東雲までは自転車で40分はかかりよく行った
ところだった。懐かしさもあったが、10年ぶりに行ってみるとまるで
見知らぬ土地に来たようだった。巨大なビルが林立し病院も新しく
立て替えられていた。ただ訪問先の団地などはそのままの姿で
懐かしくちょっと安心できた。
Dsc04441
豊洲駅
Dsc04440
駅前の交番
Dsc04439
駅前の晴海通り
Dsc04444
昭和大学江東豊洲病院はよく行ったところだったが
すっかり新しく立て替えられていて迷ってしまった。
医療相談員と接することが多く、相談員はよく新規依頼も
あって指名もされたりでよい印象が残っている。
Dsc04445_2
しののめはしを渡ると見覚えのある場所だった。
Dsc04446
都営東雲一丁目アパートは感じのいい利用者で
いつも快く迎えてくれ話も弾んだ。3年ぐらいで
事務所の都合で他事業所にお願いすることになった。
Dsc04447
豊洲市場に行ってみた。ゆりかもめの市場前駅で
下車したのは私一人だった。エレベーターも動いて
いなかった。
Dsc04448
入口への案内
Dsc04449
豊洲市場歩道側までシャッターが置かれている。
Dsc04451
市場そばの遊歩道はきれいに整備されていた。
Dsc04453
辰巳方面を歩くと昔のままの団地があった。
都が取り壊しの対象にしていたが住民の反対に
あって立て替えられないという。
Dsc04455
このアパートの5階に一人の利用者が住んでいて
心臓が悪くエレベーターがないため4年も外出していないと
言っていたのを思い出した。
Dsc04456
新砂にある順天堂東京江東高齢者医療センター
この病院には忘れられない思い出がある。
少し認知症の利用者が一人で通院していたが、
予約日以外に行くようで病院で迷惑しているという。
事務所に主治医(副院長)から苦情の電話があり
すぐ来るようにと呼び出された。行ってみると腹に
据えかねたみたいに怒り出し、30分ぐらい説教された。
言うには「予約日以外に来るのは認知症だろう付き添いが
必要ではないか。どのように管理しているのか?」
等々だった。私も我慢できず言い返した「介護保険に必要な
主治医意見書に認知度の欄の記入が自立となっているので
認知がないとみなしヘルパーは出せません」と、先生は
「内科だから書けないから紹介を書くからすぐ精神科を
受診しなさい」とそんなやり取りがあって、あとで動悸と体の
震えが止まらなかった。その利用者本人は、年金は多かったけど
競馬と酒で借金が多くて、その上死別したと言っていたはずの妻が
現れて通帳とカードを持ち出しさらに借金が増えていた。
とてもヘルパーを利用できる状態ではなかった。
その後の通院には私が行くことになり、その都度先生に
「早くホームに入るよう手続きを取るように」と言われる。
「江東区で5000人の待機者がいるのですぐにはできません」と
言い合いになってしまい、ほとほと疲れてしまった。
それから不眠、動悸、などでしばらく安定剤を飲んでいた。
今でも睡眠薬を服用している。イヤなことを思い出してしまったけど
明日からは忘れて明るく行こう。

2016年7月10日 (日)

堀之内公園の大賀ハス

7月10日

今の季節の見ごろは、何と言っても大賀ハスが
きれいですね。
昨日は雨が降っていましたが、今朝は上天気なので
6時ごろ公園に行くと、すでに大勢の人が見に来ていました。
1
1_2
小さな公園ですが、ハスはすばらしいです。
2
大賀ハスの表情。
5
6
4
3
7
古代ハスを再生させた大賀博士に感謝です。

2016年5月30日 (月)

2016年京成バラ園

5月29日

五月晴れのこの日友人に誘われて京成バラ園に行って来ました。
昨年も行ったような気がしますが、何度見てもバラはきれいですね。
C00012
少し暑かったけど、絶好のお出かけ日和で沢山の
人がつめかけていました。
C00031
C00021
ディズニーのテーマに友人。
Img_0664
ベルバラのコーナーで。
C00042
C00052_2
広大な園内とバラの種類は最大かもね。
C00051
C00071
青空にバラの色がよく映えています。
C00061
バラの数々。
C00081_2
C00101
C00111
C00091
C00122
C00131
C00143
C00151
C00161
C00172
C00181
C00193
C00202
C00211
C00221
C00231
C00281
C00251
C00261
夢中で写真を撮ってしまいました。
帰りは農産物直売所で千葉県の名産物を買ったりで
幸せな一日でした。